ぱっちんのお道具箱

アラフォー男に子供が誕生!「理想の」マイホーム購入を夢見て色々なことに取り組みます。

令和を迎えるに当たり、平成を振り返ってみる 〜ぱっちんのお道具箱〜

こんにちは。ぱっちんです。

 

本日はただのアラフォー男の備忘録となります。

 

f:id:pattin:20190430233415j:plain

 

あと数十分で平成が終わります。

 

昭和生まれとはいえ、過ごした期間は平成のほうが圧倒的に長いです。

 

「平成」は私にとって激動の時代でした(偉そうに言ってすいません)

 

 中学校受験から挫折を味わい、高校時代はのほほんと生き、大学時代はバイトに明け暮れ、社会人になるときは超氷河期で内定が取れず、ブラック企業に就職し、抜け出した先が飲食業・・・

 

と様々な経験をして生きてきました。

 

そんな私ですが、結婚し子供も授かることが出来ました。

 

これから迎える令和は私の子供の時代となります!

 

どんどん世の中が便利になっていく中で、意外と今考えると私が生きてきた平成は今から比べると不便なこともたくさんありましたが本当に楽しかったと思います。

 

また逆に悲しいことも多くありました。

 

私自身も阪神大震災東日本大震災と2度の大地震にあい自然の驚異を目の当たりにしました。

 

そして昨年の大阪北部地震も経験しました。

 

良かったことと悪かったことをはかったときにもしかすると若干悪いことの方が多かったかもしれません。

 

それでも私の中で、結婚と子供を授かったことは一番の大きな出来事でした。

 

昔からゲーム以外のことに関してはほぼほぼ興味がなかったのですが、この2大イベントで本当に自分と向き合うことが出来た気がします。

 

仕事に関しましても、このイベント以降は自分の本気さが変わったことが原因か非常に好調に進んでおります。

 

令和に元号が変わってもやることは正直変わらないのですが、自分の中で大きな区切りが出来る要因だと思っております。

 

令和の時代が私にとって、また家族にとって、そしてこのブログを読んで頂いている方にとって良い時代になりますように!

 

令和でも「ぱっちんのお道具箱」を何卒宜しくお願い致します。

 

令和まで残すところ10分です。

 

本日は以上です。

 

ねばまいんど!

プライバシーポリシー お問い合わせ