ぱっちんのお道具箱

アラフォー男に子供が誕生!「理想の」マイホーム購入を夢見て色々なことに取り組みます。

「食」へのこだわりってどうなの? 〜ぱっちんのお道具箱〜 

こんにちは。ぱっちんです。

 

昨日にお話させて頂きましたが、依然として息子の高熱が下がりません。

 

そんな中、奥様には仕事を休んで頂き子供の看病と家事をやって頂いております。

 

感謝しかないです。(何も出来ていない自分が情けないですわ・・・)

 

本日は

 

家庭での「食」のこだわりってどうなの?

 

です。

 

私の会社では社食がありまして、毎日作って頂いているのですが

 

大多数の社員は

 

「口に合わない」

 

と言って食後の休憩時間にディスってます。

 

また、仕事柄(営業マンやってます)いろいろな方にお会いしてお話するのですが

 

晩御飯はご自宅で食べられる方が多く

 

聞いてますと

 

「ごはんと汁物とメインの他にやっぱり何品は必要やね!」

 

という方が多くて驚きました。

 

私に関しましては、以前書かせて頂きましたが

 

基本ワンプレート(ごはん、サラダ、メイン)

 

なんです。

 

むしろ、これで十分だと思ってます。

 

なぜならば

 

逆に自分が作る立場であったなら

 

「超絶めんどくさい!!」

 

と思うからです。

 

食事って

 

「何を食べたかではなく、誰と一緒に食べたか」

 

が私にとっては重要なんです。

 

飲食業やってた人間の言葉としてはおかしいかもしれないですが(笑)

 

なので

 

「晩御飯が総菜コーナーで買ってきたものはあり得ない!」

 

なんて言う人には

 

「逆にありえないですよ!こんな便利なもの使わないのは!」

 

って言ってます。

 

最近は共働きも増えてきていますし、子供がいらっしゃる家庭なら子供や家事に使う時間が非常に多くなります。

 

そんな中、帰ってきて食卓にごはんが並んでいるだけでも

 

感謝するべきです!

 

 

私が接してきた家庭での「食」にこだわりを持たれている方のほとんどが

 

自分で料理を一切しない 又は 出来ない

 

方が多いです。

 

一度、ひと月ほど晩御飯担当になられたらお気づきになると思います。

 

「超絶めんどくさい!!」と

 

このブログを読んで頂いている方でもし

 

ちょっと当てはまってるかもと思われましたら

 

毎晩は無理かもしれないですが、たまの週末には作ってみてはいかがでしょうか。

 

難しいものだけが料理ではないです。

 

私がおすすめさせて頂いているのは

 

「素焼き」「素揚げ」 + 「調味料」

 

これも立派な料理です。

 

 

www.pattinjp.com

 

 

www.pattinjp.com

 

 

www.pattinjp.com

 

 

www.pattinjp.com

 

 

今までにご紹介させて頂いた「調味料」を食卓に置くだけで晩御飯の完成です。

 

 

本来、助け合うべき家族が

 

家庭での「食」のこだわりによって

 

誰かが負担に思うことが無いのが一番です。

 

今日お話した方があまりにも「家庭での食」にこだわりが強い方だったので

 

奥さんがとんでもなく大変やろなと思い書いてしまいました。

 

おそらく・・・いやほぼ絶対その方はこのブログを読んでないでしょうが・・・

 

本日は以上です。

 

ねばまいんど!

 

プライバシーポリシー お問い合わせ