ぱっちんのお道具箱

アラフォー男に子供が誕生!「理想の」マイホーム購入を夢見て色々なことに取り組みます。

飲食業での経験って、他で活かせるの? 〜ぱっちんのお道具箱〜

 

こんにちは。ぱっちんです。

 

寒暖差が激しい日が続きますね!花粉も盛大に飛び散ってくれているおかげで鼻の周りがカピカピになっております。

 

さて

 

本日は「飲食業」で培った経験が飲食業以外で活かせるのかどうかを考えてみました。

 

世間でよく耳にする「飲食業はつぶしがきかない」や「飲食業に一度入ると抜け出せない」などを私ぱっちんの現状と当てはめてお話させて頂きたいと思います。

 

よく聞く飲食業のイメージは

 

長時間労働

 

・休みがない

 

・給料が安い

 

・スキルが身につかない

 

だいたいこの「飲食あるある四天王」が出てきます。

 

まあ・・・だいたいあってます(笑)

 

今は「働き方改革」という旗のもと、どのように変化しているかは各企業ごとに違いはあると思いますが私が働いていた頃は当てはまる人が多かったと思います。

 

ただ!!!

 

「スキルが身につかない」だけはちょっと物申させて欲しいです!

 

飲食業もスキルは身に付きます。

 

私は現在メーカーの営業職ですが、飲食業で培ったスキルで幾分かは活躍しております。

 

では、どのようなスキルが身につくのか?ですが

 

いろいろな「飲食業からの転職」というサイトで飲食業のスキルとして

 

 

「コミュニケーション能力」

 

 

って書かれてるんですが、まさにこれです!以前軽く触れさせて頂きましたが

 

 

 

www.pattinjp.com

 

 

もう少し具体的にお話をさせて頂きますと

  

飲食業で働いておられる方は一度は「シフト作成」をされたことがあると思います。

 

まさにここで「コミュニケーション能力」が発揮されると思います。

 

私はこの10年間でスポットでは休めない時も確かにありましたが、それ以外ではしっかりと週休2日制でした。

 

昨今騒がれているような

 

「シフトに穴をあけたら「罰則」やで~」

 

のようなことは一切しておりません!

 

これは「コミュニケーション能力」がない方のやり方です。

 

本当にシンプルなことなんですが、従業員一人一人にしっかりと膝を突き合わせることから始まります。

 

そして

 

その人(個人)のことを真剣に真摯に向き合って考える、発言すること。

 

イレギュラーなことが起きた時にはしっかりとフォローする

 

「信頼」してもらえるようにする

 

この一言につきます。そうすることにより「交渉の土台」に初めて上がることができます。

 

相手を思う気持ちは必ずその先の相手も思ってくれてます。

 

だから「休めます」!

 

飲食業はBtoCだから、BtoBの仕事は出来ない!!

 

って今の会社に入社した時はよく言われてました。

 

 

全くもってそんなことはありません!

 

 

むしろ商談なんて基本はキーマンが一人ですので、「シフト交渉」の原理と変わりません。

 

相手の立場にたって考える基本が「シフト作成」で身に付いてますので!

 

 

ですから

 

飲食業で身に付くスキルは飲食業以外でもしっかりと活きます!

 

 

飲食業から他業種へ転職を考えられている方は是非面接で「コミュニケーション能力」の話をされてみてはいかがでしょうか。

 

本日は以上です。

 

ねばまいんど!

 

プライバシーポリシー お問い合わせ